パソコンで情報を調べている様子
役立つ睡眠薬通販情報   >  症状別で睡眠薬も違う

症状別で睡眠薬も違う

種類別に分けている様子

眠れないから睡眠薬を飲もうと考えたとき、どのように薬を選ぶでしょうか。
睡眠薬ならどれでもいいというわけではなく、「自分がどんな風に眠れないのか」に合わせて薬を選ぶ必要があります。

症状に合った薬をチョイスするためには、自分がどんな不眠症なのかを知ること。
ここでは、不眠症の分類と睡眠薬の相性についてご紹介していきます。

睡眠障害の種類

不眠症は、どう眠れないのか?によって4つの睡眠障害にわけられています。

入眠障害
スムーズに眠りにつくことが難しい・眠りたいのに眠れないというのが入眠障害です。
横になって30分〜2時間以上経っても眠れない、というのが判断の目安。
不眠症のなかではもっとも多くの人に見られる症状です。

中途覚醒
就寝はできるものの、夜中に何度も目が覚めてしまうのがこの症状。
睡眠中に2回以上起きることが週3回以上の頻度で起こると、中途覚醒と判断されます。
レム睡眠(浅い眠り)とノンレム睡眠(深い眠り)のサイクルが乱れたり、加齢によってノンレム睡眠が短いと起こりやすくなります。

早朝覚醒
起床予定時刻よりも2時間以上早く目が覚め、そのまま再び寝つくことができないまま朝を迎えてしまいます。

熟睡障害
十分な睡眠時間がとれているはずなのに、しっかり眠ったという満足感がないのが熟睡障害。
熟睡感が得られないせいで身体の疲労も残り、だるさや眠気を引きずってしまいます。

これらの症状のうちひとつだけ発症することがあれば、複数の症状に悩まされることも。
「眠れない」と悩むようになってしまったら、具体的にどんな症状が現れているのかをチェックしてみましょう。

自分に適した睡眠薬を選ぶ

睡眠薬は半減期の長さによって4つの種類にわけられます。
半減期とは有効成分の血中濃度を代謝するスピードのことで、作用時間の長さとして考えます。

超短時間作用型
作用のピークは服用〜1時間以内/半減期2〜4時間

短時間作用型
作用のピークは服用後1〜3時間/半減期6〜10時間

中時間作用型
作用のピークは服用後1〜3時間/半減期12〜24時間

長時間作用型
作用のピークは服用後3〜5時間/半減期24時間以上

上記からわかるように、即効性に優れた薬は作用時間が短く薬のキレがいいということ。
作用が長く続く薬は、効果の発現にも時間がかかるということです。

入眠障害には超短時間型の睡眠薬(ルネスタ、ハイプナイトなど)を、中途覚醒や早朝覚醒には短時間〜中時間型のバスパーがおススメ。

不眠症と睡眠薬、双方のカテゴライズを理解することで、症状と相性のよい薬を選ぶことができるのです。

睡眠薬のバナー広告