パソコンで情報を調べている様子
役立つ睡眠薬通販情報   >  睡眠薬の副作用

睡眠薬の副作用

睡眠薬で副作用が起きている女性

従来の睡眠薬に比べて、副作用が軽くなっている睡眠薬であっても脳内の神経伝達物質に働きかけるので、頭痛やふらつき・めまいなどの症状を引き起こす可能性があります。

正しく服用することで酷い症状が起こることは避けられますが、副作用の症状には個人差があるのです。

睡眠薬の作用が翌日に持ち越されて、集中力や注意力の散漫につながり仕事などに影響が出てしまうことも考えられます。

また緊張を緩和させる働きから、筋弛緩作用が起こりやすくなるのです。その作用によってふらついて転倒しやすくなる事例もあります。

そのほかにも作用が短い睡眠薬ほど、常用する必要があるので薬の成分が体内にある状態が当たり前になってしまうのです。

すると服用をやめた時に、不眠や身体の不調が起こることも稀にあります。その際、不安や緊張・身体の震えが起こったりします。これを睡眠薬依存による、離脱症状ということもあるのです。

自分勝手に服用量を増やしたり、頻度を多くしたりすると副作用は強くあらわれやすくなります。

お酒をたしなむ人は、アルコールを飲むと眠気が起こる場合もあることから睡眠薬とアルコールを一緒に飲めば相乗効果があるのでは、と試すことがあるようです。

しかしそれは絶対してはいけません。睡眠薬の作用を強めるので、副作用が強くあらわれて身体の負担も増えてしまうだけです。

睡眠薬の力を借りて、不眠症を改善そして健康状態を良くしたい気持ちがあるにも関わらず、勝手な判断で服用してしまえば余計状態を悪化させてしまうことにつながる危険性があります。

きちんと規定量の睡眠薬を、水またはぬるま湯で服用することが安全に不眠症を改善する方法であることを知っておきましょう。