パソコンで情報を調べている様子
役立つ睡眠薬通販情報   >  睡眠薬の依存性

睡眠薬の依存性

黒ずくめでうなだれる男性

不眠症を改善するために、必要な睡眠薬。しかし睡眠薬には、依存性が高いというイメージがあります。それは「毎日飲む」ことが関係しているのです。

不眠症で特に多いのは、なかなか寝付けない・夜中に目が覚めてしまうなどの症状であり、それに対して効果的な超短時間作用型や短時間作用型と呼ばれる睡眠薬があります。

これらの睡眠薬は名前の通り、服用後に作用する時間が比較的短いのです。超短時間作用型は3〜5時間程度・短時間作用型は6〜12時間程度の効果が続きます。

長時間作用型の睡眠薬は、服用してから半日や24時間以上が経過しても効果が持続することがあるのです。

しかし超短時間作用型や短時間作用型は、一般的な睡眠時間程度の効果持続時間なので基本的に毎日の服用が必要になります。

もちろん服用を継続することが、症状改善をスムーズにできる方法ですが依存性もゼロではありません。

それは睡眠薬を毎日服用することで、薬の成分がある状態が当たり前になってしまう可能性があるのです。

そうなってしまえば、急に睡眠薬の服用をやめることで余計に不眠症が悪化したり、体調を崩したり手に震えが出るなどの、禁断症状に近い状態になる恐れもあります。

自己判断で規定内よりも服用量を増やしたりすると、依存性などの副作用を強めてしまう危険性もあるので絶対やめましょう。

ただ現在の睡眠薬は、依存性を含めた副作用は軽くされています。脳内の神経物質GABAに働きかけるタイプだけでは無く、今では睡眠ホルモンに働きかけてくれたり、覚醒ホルモンの分泌を阻害する働きを持つ睡眠導入剤も登場しているのです。

このように睡眠薬の依存性は、高いものではなくなってきています。正しい飲み方を行えば、安全に利用できるのです。