パソコンで情報を調べている様子
役立つ睡眠薬通販情報   >  睡眠薬の依存性

睡眠薬の依存性

黒ずくめでうなだれる男性

睡眠薬を使ってみようと考えるとき、「依存したらどうしよう・・」と心配になる人もいるでしょう。
現在用いられている睡眠薬は依存のリスクは少なく、用法用量を守って服用すれば依存する危険性は低いといわれています。

しかし副作用については、正しく理解しておくに越したことはありません。

依存とはどんな症状なのか?
依存したら睡眠薬の服用をやめることはできないのか?

睡眠薬と依存の関係を把握し、睡眠薬に対する不安を減らしていきましょう。

身体的依存

有効成分が体内からなくなることで不調をきたすのが身体的依存です。

服用が長期にわたると身体が睡眠薬に慣れて、それまでと同じ量では眠れなくなってしまうことがあります。
これを耐性がつくといって、一度の服用量が増えたり服薬回数が増えたりしていきます。
効果が切れると脳が薬を欲してしまいどんどん追加してしまったり、反対に薬が切れると不安やイライラといった離脱症状に悩まされることに。

離脱症状によって不眠が悪化することもあり、せっかく睡眠薬によって眠れるようになっていたとしても急に断薬すると不眠が深刻化してしまうのです。

精神的依存

睡眠薬がないと眠ることができないんじゃないかと、不安になってしまうのが精神的依存。
睡眠薬に対する期待感や睡眠薬がない生活への不安から依存してしまいます。

薬が切れることに不安を感じるため服用量が増え、結果的に身体的依存にも繋がってしまうのです。

不眠症で悩む人にとって、欠かせない存在として睡眠薬に頼ることもあるでしょう。
しかし服用期間が長くなればなるほど依存は起きやすくなり、やめることが難しくなってしまいます。

肉体的にも精神的にも睡眠薬依存症にならないためには、

・用法、用量の範囲内で、短期間の服用にとどめる
・アルコールと併用しない
・自然に眠れる身体作りを心がけ、生活リズムを整える

などの点を意識しましょう。

服用方法や期間の長さには注意が必要ですが、とくに気をつけておきたいのがアルコールとのつきあい方。
眠れないとお酒に手を出す機会が増えるかもしれませんが、睡眠薬との併用は身体への負担が大きすぎるうえ薬の作用を増強させてしまうので絶対にNG。

睡眠薬をつかって眠るのは、睡眠不足のせいで生活のクオリティが下がることを避けるため。
QOL向上のために服用した睡眠薬で身体を壊してしまっては本末転倒です。
正しい服用を心がけ、安全かつ安定した睡眠・生活を維持していきましょう。

睡眠薬のバナー広告