パソコンで情報を調べている様子
役立つ睡眠薬通販情報   >  不眠症改善に睡眠薬

不眠症改善に睡眠薬

暗がりにある水の入ったグラス

昔は脳全体の活動をおさえることで寝付きやすくする働きを持っていたのですが、副作用とともに依存性も高かったとされています。

しかし今では、脳内の中枢神経抑制物質といわれるGABAの働きを活発化させて、不安や緊張を軽減する働きを持っているのです。

この働きによって、リラックス効果をもたらし自然な睡眠に導いてくれます。また作用も違いがあり、超短時間の作用で朝はスッキリ目を覚ますことができるタイプから朝までぐっすり眠りにつける長時間の作用があるタイプもあるのです。

他にも睡眠ホルモンの分泌を促進させることで、眠りにつきやすくする働きを持つタイプや覚醒ホルモンの分泌を抑制して覚醒を妨げることで、睡眠状態に入りやすくする働きを持つタイプも登場しています。

このように睡眠リズムに働きかけるタイプは、脳内の神経に働きかける従来の睡眠薬とは異なるので副作用が格段に軽くなったとされてるのです。

しかし未だ臨床効果が十分でない為、脳内物質のGABAへ働きかけるベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピンが主流となっています。

夜に断続的に目が覚めてしまう、寝つきが良くないなどの不眠症を引き起こした際に、睡眠薬を利用することで効果を発揮してくれるでしょう。

ただし睡眠薬は、不眠症を根本的に改善してくれるわけではありません。日常生活や健康状態に影響が出ている場合は、睡眠薬のサポートを借りてしっかり睡眠をとることが必要です。

同時に生活習慣を見直して、根本的な解決策を見つけ出し体内時計の睡眠リズムをとり戻ることができれば、不眠症改善につながるでしょう。

自身の症状と、それぞれの睡眠薬の効果・副作用について知った上で自分自身に合った睡眠薬を飲むことが大切なのです。