パソコンで情報を調べている様子

睡眠薬通販を利用

小さな地球儀と資料

眠りたいのにどれだけ経っても眠れない
せっかく寝ついても、夜中に目が覚めてしまう

「眠り」についての悩みは睡眠不足として軽く捉えられがちですが、現在の日本では5人にひとりが不眠症を患っているといわれています
不眠症の診断基準は、

眠れないという症状が1ヵ月以上続いている
睡眠不足によって精神や身体に不調が起こり、生活の質が低下する

この2点。
緊張や不安だけでなく、うれしさによる興奮でなかなか眠れないという経験は誰もが持っているはず。
しかしこれは、その夜限りの一時的なものや数日後に治まることがほとんど。

思い当たる原因がなくなっても眠れない夜が続いている場合には、不眠症の可能性を疑い積極的な治療をはじめる必要があります。

睡眠薬で眠るという選択肢

安定した睡眠を得るためのポイントとしては、

・生活リズムを見直す
・ストレスをなくす
・軽めの運動をする
・就寝前にぬるま湯のお風呂につかる
・就寝環境を改善

などがあります。

しかしすでに不眠症を発症している場合、症状改善には時間がかかってしまいます。
生活習慣を見直してじっくりと改善を目指すより、悪化を予防するためにも早期解決を優先させなければいけません。
睡眠薬の力を借りて眠るという方法も選択肢のひとつ。
睡眠薬と聞くと、精神科を受診しなければいけないというイメージから手が出しづらいと考える人もいるでしょう。

とはいえ、睡眠薬はさほどハードルが高い薬ではありません。
一般用医薬品である睡眠改善薬ならドラッグストアで購入できますし、処方薬と同等の有効性や安全性をもった睡眠薬もネット通販で注文できる時代なのです。

睡眠薬の購入手段

睡眠薬の入手方法は大きくわけて3つ。

・医療機関で処方してもらう
・ドラッグストアで買う
・通販で買う

今日の夜使いたい、というときにはドラッグストアを利用しましょう。
ドリエル」という商品名を聞いたことはありませんか?

睡眠薬ではなく睡眠改善薬というカテゴリーで、一時的な不眠の症状改善を目的として作られています。
仕事帰りや買い物ついでにショップに立ち寄れば、その場で購入OK。
もちろん処方箋は不要です。

スケジュールに無理がなければ、精神科やメンタルクリニックへ足を運んでみましょう。
自分が抱えている症状に最適な睡眠薬を指示してもらえるので、安心感と効果の両方が得られます。

ドリエルでは眠ることができなかった・・・でも病院には行きたくない、行く時間がない。
そんな人には通販がおススメです。
海外医薬品を専門にあつかう通販サイトなら、日本では医療用として用いられている睡眠薬も購入可能。

海外の医薬品を購入(輸入)することは、個人輸入いって薬機法で認められた行為なので怖がらなくても大丈夫。
個人で使うためであれば、処方箋なしで医薬品を注文することができます。

通販で買う利便性

個人輸入というシステムを利用すれば、精神科で処方されるのと同じレベルの睡眠薬が通販可能。
精神科を受診して処方箋を出してもらう必要がなく、通院にかける時間や費用をすべてカットできるのは大きなメリットです。

スマホやパソコンがあればいつでもどこからでも注文できるので、仕事に忙しく日中は病院にもドラッグストアにも行く時間がないという人にも最適です。

また睡眠薬が持つイメージから、「不眠症であることを他人に知られたくない」「精神科に行って人目につきたくはない」と考える人もいるでしょう。
コッソリと睡眠薬を得たいという場合にも、自宅に届けられる通販がベスト。

さらに海外の睡眠薬には、日本では未認可のジェネリック医薬品もあります。
後発薬であるジェネリックは開発費用が軽減されているため、販売価格も非常にリーズナブル。
新薬と同じ有効性の睡眠薬が安価で買えるという選択肢があるのなら、そちらを選びたいですよね。

睡眠薬の通販購入におけるメリットをまとめると、

・通院にかける時間を省くことができる
・受診時に必要な診察料金、検査費用、調剤費用、管理料などがかからない
・日本にはない安い睡眠薬が買える
・誰にも会わずに購入できる

ということです。

不眠症の改善を目指すならストレスは大敵。
治療や睡眠薬の購入に際しては、物理的にも経済的にも負担を軽くしておきたいですね。

通販のここに注意

不眠症で悩んでいる人にとって、睡眠薬が通販で買えるという手軽さにはたくさんの利点があります。
しかしネットで買い物をするという点で、トラブルの可能性はゼロではありません。

海外の睡眠薬を取り扱っているサイトが違法業者だとしたら、どんなリスクがあるでしょうか?

お金を払ったのに商品が届かない
箱を開けてみたら明らかな粗悪品だった
届いた睡眠薬を服用してから、体調不良が続いている

代金持ち逃げの詐欺、偽造薬・粗悪品による健康被害・・・etc。
こういったトラブルに遭うことなく、安全な睡眠薬を手に入れて不眠症と向き合うためには、何よりも利用するサイトを見極める目をもつことです。

睡眠薬を注文するまえに、以下の点に注意してサイト内をチェックしてみましょう。

1、特定商取引・会社概要は明記されているか?
インターネット上で商売を行う際には、特定商取引についての記載が義務づけられています。
所在地や電話番号、代表者名、事業内容等の情報が公開されていなければいけません。

2、クレジットカードが使えるか?
リアルタイムの現金取引とは違って、クレジット決済はカード会社が立て替えてから後日引き落としを行う信用取引。
クレジット機能を導入する業者には、カード会社による厳しい審査が行われています。

3、商品鑑定書が公開されているか?
販売商品が正規品であることを証明するために、第三者機関による鑑定を行っているサイトがあります。この鑑定書が公開されていれば、取り扱い商品に自信があるという目安になりますね。

4、お問い合わせ窓口があるか?
商品や注文手順について質問できるツールは用意されているでしょうか。メールはもちろん、電話で直接話しができるスタッフがいれば安心ですよね。
サイト利用前に、電話をかけてみてスムーズで誠意ある対応がされるか確認してみるのもおすすめです。

5、サイト運用歴が短すぎないか?
オープンしたばかりのサイトよりも、長く運営しているサイトの方が信用できると思いませんか?
警察に目をつけられることなく、利用者とのトラブルも少ないということです。

睡眠薬を通販するまえにはかならずサイト内に目をとおし、怪しげなところはないか・不安になるポイントはないか確認することが大切です。
顔の見えない相手との取引だからこそ、納得したうえで安心できる購入がしたいもの。

不眠症を治すという目的のため、安全な睡眠薬を入手するためには、信用できるサイトを見つけることが何よりも大切なのです。

不眠症改善に睡眠薬

暗がりにある水の入ったグラス

今では通販で買うことも出来る睡眠薬は、いろいろな症状を引き起こす危険性のある不眠症改善に役立ってくれます。どのように働きかけてくれるのかタイプ別に説明していきましょう。

詳細を確認する

睡眠薬の副作用

睡眠薬で副作用が起きている女性

睡眠不足を解消するために、睡眠薬の力を借りることも時に必要です。ただ薬である以上は副作用が起こる可能性もあります。一般的にどんな症状があるのか、睡眠薬を使用する前に知っておきましょう。

詳細を確認する

睡眠薬のバナー広告